福岡で輝く看護師になる フクオカンゴ

病院の退職の手順とコツ

病院を辞める前に知っておきたいこと

このサイトをご覧になられている方は、せっかく今の施設に努めたのに、退職することを考えられているのだと思います。 理由は人間関係でしょうか、家族の転勤などでしょうか。

どちらにしても退職者には退職者の「お手前」があります。また福岡県内で転職をする方も多いと思いますので、 「立つ鳥跡を濁さず」の精神で気持ちよく退職し、次の職場へと歩んでいきましょう。

退職と同時に転職を考える

退職届

誰かに退職したいと伝える前には、転職先を探し始めるくらいが良いでしょう。 買い手市場の看護師さんの転職ですから、転職にはそれほど苦労はしないと思われますが、全て自分の希望通りの転職先を探すのは大変困難です。 自分が転職の条件で「こだわりたいポイント」「ゆずれるポイント」早目からを整理しだすことは 悪いことではありません。

また、転職の際には看護師さん専門の転職サイトを利用するのが一般的ですが、オススメの転職サイトはこちらで紹介していますので、 参考にしてください。

退職の1~3ヶ月前:退職の意志を伝える

退職の意思を明確に伝えないといけないのは、退職日の2週間前までと決まっています。 しかし、2週間前に言えば済む話かというとそうではありません。 平均的には1~3ヶ月くらい前には上長に退職したいという気持ちをを伝えておきましょう。 病院としては毎月看護師さんのシフトを組みますのでそのタイミングも考慮してあげるのが大人のマナーです。

退職2週間前:退職の意思を書面にして渡す

口頭で伝えただけでは口約束のままで退職出来ないということになりかねません。 退職届けという形で退職の意思をはっきりと伝えてください。

ポイントとしては転職の意思というよりも確定事項として伝えることです。 看護師さんの数が足りていない福岡県ですから、病院側の都合や社会的責任などを盾にして引止めにあうこともあり、 優しい看護師さんなら必ず心が痛んでしまうものです。

しかし、2週間前に正式に退職を伝えていれば辞められる権利がありますので、強引な説得にあってもくじけてはいけません。

退職の2週間前~当日:引継ぎ

職場に残る人や患者さんたちに迷惑がかからないように、スケジュールに余裕をもってと引き継ぎを行います。 皆様も退職者から引継ぎをされた経験があるかと思いますが、引き継がれる側の気持ちになって 引き継いでください。いい加減な引継ぎは後に残す人たちを苦しめることになります。

きっちりやることを終えたら後は次の職場でがんばるのみです。皆様のご活躍をお祈りします!

>>福岡県の平均給与はどれくらい?